下の歯の歯列矯正

顔の骨格は人それぞれ違うのが普通です。また、昔の人と比べて、現代人の骨格はスマートになっている傾向が強いので、顎の発達にも大きくそれは影響してきます。昔ほど、歯ごたえのあるものを食べなくなったり、柔らかく甘いものを習慣的に口にするようになることで、顎の発達は妨げられ、小さいまま口の中が成長していきます。
そのため、小さい顎に小さい歯ならば問題ありませんが、小さい顎に大きな歯を持つ家系の場合、顎の中で綺麗に並ぶことができず、歯並びがガタガタになってしまいます。最近では、欧米のように、小さい頃に歯科矯正を受ける子供が日本でも増えてきました。小さい頃に矯正すると、治療には保険が適用されますから、おすすめです。
中には、上の歯は綺麗だけど、下の歯のみ並びが汚い場合など、部分的な矯正を行うこともできます。下の歯は自分では見えないと思っても、意外と笑ったときなどには他人から見えるものです。歯並びが悪いことで、唇の輪郭も変わりますし、将来的には虫歯になってしまうことも考えられます。下の歯の矯正だけならば、費用は安く抑えられますし、矯正器具も見えづらいので、抵抗なく始められるという人がほとんどであることも大きなメリットでしょう。