裏側矯正とは

歯科矯正の方法は色んな方法があり、歯科によっては医師の得意とする治療方法で進める場合や症例に合わせて対応できる治療方法で行うなど患者自身も治療方法を選択出来る環境にあります。
世界中でポピュラーな歯科矯正の方法は歯の表面にブラケットと呼ばれる固定装置を装着してワイヤーでさらに固定する表側矯正です。多くの症例に対応する事が出来るとして多くの歯科で導入されています。
一方で矯正装置を歯の裏側につける裏側矯正という方法もあります。歯の裏側に装置をつけるので装置が目立たない審美性を兼ねています。また、食べる際にも邪魔にならないといった点や外部からの衝撃にも強く、スポーツをしている人や吹奏楽を演奏する時などに向いています。口元自体も装置で膨れ上がらないので口元がコンプレックスでしょうがない人には矯正期間中も口元の膨らみを抑える事が可能です。
裏側矯正のデメリットはまだ得意とする歯科医師が多くない事で対応している矯正歯科は限られていたり、技術を必要とするので表側矯正よりも費用が若干高額になるケースが多いです。多くの症例に対応できる治療方法ですが、一部対応できない症例もあります。また、舌に装置が常にあたるので発音がしにくかったり、歯磨きの手入れも難しい事が難点ではあります。